現在) 息子なりのペースで元気よく生活しています。

作者: on 2021年1月1日

息子が普通科の高校に馴染めず不登校になったのは1年生の2学期の初めでした。
家族は悩みましたが、不登校は家族だけでは解決できません。家族が孤立しないで安心できる支援機関が非常に大事でした。そのひとつにNSA高等学院がありました。

息子は編入する決断をしたものの、自分がどうしたらよいのか悩み戸惑っていたようで、車でNSA高等学院に連れて行っても車から出られず、先生が たにはご迷惑ばかりかけていました。
でも先生がたが無理の無いように暖かく見守り、サポートしてくださいました。

息子とNSA高等学院との間に程よい距離ができ、コンビニのバイトをするようになりスクーリングやレポート課題がこなせるようになりました。
今では、息子なりのペースで元気良く生活しています。

トップページはこちら